PCMAXで出会ったのが乳飲み子を抱えている20代後半のシングルマザーでした。
生活がとても苦しいという彼女、お金が欲しいからパパ活をやっていたようです。
実際に会ってみたときも、かなり疲れが顔に出ているなというのが印象的でした。
そこで私からの条件として月2回ほど食事に付き合って欲しいと言う事、それで1回10万円の支払いをすると言ったら、彼女すぐさまお願いしますと頭を下げてきました。
彼女のほっとした表情を観て、何だか良いことをしたという気持ちに満たされていきました。
Jメールを使ってみたときは、現在海外留学を目指しているという20代後半のOLです。
キャリアアップのために海外留学をどうしてもしたい、そんな夢を持っている女性でした。
ハッピーメールでは学費を自分で支払わなければいけない女子大生で大学院にも行きたいという事で彼女の支援もしていく事になりました。
OLと女子大生は月1回で10万円の約束でパパとして食事に付き合ってもらう約束になったのでした。
彼女たちの笑顔が会うたびにとても晴れやかになっていくのが印象的です。
女性のサポートが成功していると言うのが手に取るように分るのがとても良いですね。
それと何より1人で食べる虚しい食事をしなくても済むようになったこと、これは本当に助かっているのです。
3人の女性と食事を摂るだけでもとても楽しい、若い女性の笑顔を見るだけでも元気をもらっているような気がするのです。
こちらも相手を助けることができて、その対価として彼女たちからも助けられているという気持ちになっています。
彼女たちの将来が安定するようになるまるで見守るような関係ではあるのですが、それが私には心地良いものに感じています。