私と同様に料亭を経営している友人がいて、たまに酒を飲みに出かけたりもします。
その時は高級クラブではなく、近所の居酒屋でチビチビと酒を酌み交わしていました。
古い付き合いの相手ですから、たまにこのように一緒に酒を楽しんでいたのですが、思わぬ発言を聞くことになったのです。
以前はかなり遊んでいて愛人まで作って肉体関係を満喫していた男だったのですが、それとはまったく違った関係を作ったと言い出したのです。
「年齢的にもさ、あっちはやっぱり無理だからな。
それで愛人契約とかじゃない関係を作ったんだよ」
「どんな関係なんだよそれ」
あれほど女遊びをしていた男が、愛人を作るのは止めたと言い出しました。
「パパ活って知ってるか?」
「なんだそれ?まったく分らないけど」
「なんらかの事情でお金に困ってる女が、パパを探しているって感じ」
「ああ援助交際みたいなやつか」
「いやいや、それとは違うんだな。
セックス抜きなんだから」
「セックスしないって、対価はなにかあるのか?」
「食事に付き合ってもらったりさぁ、買い物一緒にしてもらったりするだけ」

すごい、食事を一緒にするだけで金を支払う関係があると言うのです。
最近は1人の食事が寂しく感じていましたから、これはかなり自分にも向いているなと思いました。
「今関係を持っているのがシングルマザーなんだけど、月極パパになり毎月30万円ぐらい払ってるよ」
パパ活をしている女性を見つけられたら、相手を助けてあげることにもなるんだろうというのがよく分ります。
それに1人で食べる食事ではなく、異性と食事が楽しめるのだから私もその関係が欲しくなったのです。
高級クラブやパチンコで使う金よりも、はるかに有意義な金の落とし方だと思いましたし、なんと言っても一緒の食事という部分にはとても興味を惹かれてしまいました。